DANDY AREA

燕尾服 (テイルコート)

燕尾服 (テイルコート)     ※レンタル期間:二泊三日

¥23,000~

燕尾服は公式晩餐会、表彰式などに使われる、本来は夜の正礼装ですが、宮中や国賓への謁見では勲章をつけるため昼間も着用します。一般には、結婚式、クラシックコンサート、ガラ・パーティー等に使われます。ドレスコードがホワイトタイの場合は燕尾服のことです。
燕尾服といわれるのは、上着のウエストから前が短く、後ろ裾は長く燕の尾のように見えるため。ピークドラペルで、ボタンはくるみボタン、パンツには2本の側章が入っているのが特徴です。


【着こなし】
シャツはボールドウイングカラー(イカ胸)、いずれも白の蝶ネクタイとウエストコート(ベスト)、サスペンダーを使用。シャツのスタッズボタンとカフリンクスは白蝶貝かパール、靴はパテントレザー(総エナメル)のオペラパンプスか、バルモラル型(内羽根式)のオックスフォードシューズを合わせます。

料金表

モーニング

モーニング     ※レンタル期間:二泊三日

¥16,000~

モーニングは昼の正礼装で、宮中行事、国公賓歓行事に使われ、一般には記念式典、結婚式、葬儀・告別式、卒業式などで着用されます。
モーニングコートは前から後ろ裾に向かい斜めにカットされ、襟はピークドラペルです。


【着こなし】
シャツはウイングカラーかレギュラーカラーのドレスシャツ、慶事はグレーやクリームなどの薄い色のウエストコート(ベスト)、弔事では黒のウエストコートを着用、パンツは黒とグレーの縞が主流です。ネクタイはシルバーグレーの無彩色でストライプのフォア・イン・ハンド(結び下げ)を使います。
靴はバルモラル型(内羽根式)のストレートチップかプレーントゥのオックスフォードシューズです。

料金表

ディレクターズ・スーツ

ディレクターズ・スーツ     ※レンタル期間:二泊三日

¥16,000~

昼の準礼装にあたるディレクターズスーツはモーニングの略式で、上着は普通丈の黒。結婚式、葬儀・告別式、会社の祝賀行事等に幅広く使えます。


【着こなし】
シングルまたはダブルの黒の上着に、ウエストコート(ベスト)、パンツ、ネクタイ、靴はモーニングと同じですが、シャツはレギュラーカラータイプの色物の利用も可能です。

料金表

ダーク・スーツ

ダーク・スーツ(濃紺)     ※レンタル期間:二泊三日

¥12,000~

ビジネスからフォーマルまでお使い頂けるスーツです。ブラックタイの代替としてもお使いいただけます。濃紺のスーツなので、シャツやネクタイとのコーディネートで、クールにもエレガントにも印象が変わります。

料金表

goTop